下肢静脈瘤はしっかりと治療しましょう~ガンガン解消術~

男性医師ឮ

拒食症・過食症の治し方

ナース

拒食症・過食症の治し方

拒食症・過食症に陥る人が増えているといいますが、原因は過度なダイエットが引き金になることが多いようです。摂食障害は、傍から見れば、異常な行動に映ることが少なくありません。食べたものをすぐに吐いたり、極端に体重の増減を気にするため、水さえも口にすることができないような拒食症、お腹が空いていないのに、胃が埋め尽くされるまで食べてしまう、食べることで一日中頭がいっぱいになってしまう、一度食べるとセーブができなくなってしまう過食症、どちらも当の本人にとっては、真剣な行動なのですが、それらの行動によって罪悪感を感じ、自尊心を損なっていきます。本人の価値観が大きく揺るがない限り、自己治癒が難しいという点において、摂食障害の治療は難しいといえるのです。

自分で治すためには

自己治癒が難しい摂食障害ですが、自分で治療する方法もあります。悩んでいる人にとって簡単なことではありませんが、それは「体重に対するこだわりを捨てること」です。悩みを忘れることともいえます。食べたいなら食べ、吐きたいなら吐くことです。そうして自分のあるがままを受け入れて、自分を罪悪感から解放することです。太っても良いのだ、自分は素晴らしいと感じられるようになると、体重に対するこだわりがなくなります。痩せていたい、吐いたらダメだ、食べ過ぎるなんて自分らしくないと考えるうちは、いくら苦しんでいて、そこから抜け出したくても、摂食障害からは抜け出せません。摂食障害から抜け出した人の多くは、何もなかったかのように元の体重に戻ります。精神系の病の多くに共通することですが、本来であれば、治療のために特別なことは必要としないのです。必要なことは、悩んでいることに対し、「それを受け入れること」、そして「こだわりを捨てる」ことなのです。