下肢静脈瘤はしっかりと治療しましょう~ガンガン解消術~

男性医師ឮ

女性多い病気

医者

ヨウ素の摂取に注意します

甲状腺の病気は女性に特に多いとされています。この病気は、少なからず普段の食事によっても影響されることがあり、時に食事制限が必要です。特にヨウ素の摂取量には気を配ることが大切となります。ヨウ素は魚介類に多く含まれる物質ですが、最近では加工食品にもある程度含まれているのが常です。ダシ入りの味噌や麺つゆ、漬物などには昆布が使用されていることが多く、知らず知らずのうちにヨウ素の摂取量が高くなってしまうことが問題となります。ヨウ素の過剰摂取は、薬物療法にも影響を与えることがあります。甲状腺の病気では、薬でホルモンの量をコントロールするのが一般的です。こういった治療中に食品から多量のヨウ素を摂取してしまうと、薬の効果が変わってきます。

薬治療が主となるでしょう

かつて一部の甲状腺の病気は、手術が一般的な治療とされていました。昨今では、本人の希望がある場合や手術が必要とされる状況を除き、甲状腺の病気で手術が行われるケースは稀です。手術はより早く確実に治る治療法ですが、少なからずリスクが伴います。術後の経過にも個人差があるため、現在ではより体に負担の少ない薬治療が選択されるのが一つの傾向です。現在でも、甲状腺の病気は手術が必要というのが一般的な認識です。ですが、実際の医療現場においては大きく方針が変わってきています。従って、病気の診断を受けた場合でも、負担が少ないのが大きな利点です。今後は、こういった薬での低侵襲性治療が、広く浸透していくと予想されます。